IMG_4541変更2

​鈴木愛弓

舟をこぐ、坐る月

Phase1

2017.11.23~11.26

OPEN 9:00~17:00

(23日は12時〜 26日は16時まで)

三渓園/旧燈明寺本堂

​(入場料あり)

Phase2

2017.12.1~12.10

OPEN 13:00~18:00

金 ​土 日

CRISPY EGG Galleryでは1期(11/23〜26)、2期(12/1〜10)に分け、鈴木愛弓『舟をこぐ、坐る月』展を開催いたします。

鈴木愛弓は1986年静岡生まれ。
2010年に多摩美術大学大学院を終了後、東京を中心に活動しております。

2015年にCRISPY EGG Galleryにて開催された『反転トリップ』では、少女をモチーフに絵本のような物語を描いていた鈴木でしたが、近年描かれている女性たちは明らかに象徴的な「母性」を含んだ表現へと変化しています。


現在のシリーズでは、世界で戯れる未熟な少女から、神話に登場するような、象徴的な母性を連想させる女性へと変化していく過程を見ることができます。

 

本展は、長らく物語から切り離されてきた美術において、この神話のような大きな物語に真正面から向き合うことはどういうことなのかを考えさせる展示となることと思います。

​◇

 

CRISPY EGG Galleryでは鈴木の新たな展開をより多くの皆様に見ていただくため、今回は会場を2つに分け展示しております。

1期目(11/23〜26)は横浜にある「三渓園」。
2期目(12/1〜10の金、土、日)はCRISPY EGG Galleryとなっています。

 

三渓園は明治時代の実業家、原三渓(原富太郎)の作った庭園です。

原三渓は富岡製糸場など運営する製糸家であった一方、大変な美術コレクターとしても知られ、また明治初期の今村紫紅や安田靫彦などの美術作家たちを自らの手で育てるパトロンとしても活動していました。

 

このような背景のある三渓園を舞台に、新シリーズを皆様へお見せすることができ大変光栄に思います。

 

是非とも皆様には鈴木愛弓『舟をこぐ、坐る月』をご高覧いただきたく思います。

 

CRISPY EGG Gallery

石井弘和

​【STATEMENT】

油彩の制作と並行して紙の作品を最初に作り出したのは今から3、4年前のことです。アクリル絵の具を使った紙の作品を少しずつ描き始めました。上から何度も描き直すことができる油絵と違い、紙は一度描いた形や色を消せません。慣れない画材に四苦八苦し手探りの制作にもどかしさを感じる一方で、油彩では出来なかった種類の表現や、画面に出現する緊張感を徐々に発見し今まで油彩を描き続ける事で作ってしまっていた自分の殻を脱皮できるかもしれないという微かな予感がありました。

しかしこれはあくまで実験的な試作です。どこにも発表せずこっそりやっていました。ところが2015年のCRISPY EGG Galleryでの個展にて、紙作品の試みが日の目を見る事となったのです。

 個展でアクリルの紙作品を発表したすぐ後、祖母が生前使っていた部屋の襖絵を描くというとても私的な制作をしました。そこで初めて墨を使って絵を描いたのですが、細かい粒子によって出てくる墨特有のムラや滲み、独特な黒い発色、色幅の広い濃淡、このような要素に後押しされる形で私の紙作品はもう一段階展開を広げる事となりました。

こうして近年油彩の他にもう一つ、紙作品というアウトプットの方法を見出したわけですが、結局は同じ源流の水を違う器で汲んでいるのだと改めて気づきます。逆説的に言えば、油彩という器ではこぼれてしまう何かが私自身の中でじわじわと膨らみ、それをすくい取るための新たな器を欲したのかもしれません。特に今回の大作を含む墨作品はより内向的な方向に空間が広がるような、内なる深淵を覗くようなあやしい印象をまとっています。日常から地続きに繋がっている非日常に一歩踏み込んだ感があり、そこに広がる山々は果てしなく遠く、海はどこまでもつづくのです。

2017年11月

鈴木愛弓

三渓園 展示風景

1986  静岡県生まれ

2008  多摩美術学部絵画学科油画専攻卒業

2010   多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程絵画専攻油画研究領域卒業

2017   現在 東京都在住

グループ 公募展

2007  Discovery展(KEY Gallery/銀座)

        re-展(GALLERY CAVE/浜松市)

2009  石神まるこ 鈴木愛弓 三橋灯展(アートガイア・ミュージアム東京/目黒)

        第18回奨学生美術展(佐藤美術館)

2010   第46回神奈川県美術展入選

2011    第30回損保ジャパン美術財団奨励展(東郷青児美術館)

     サムホール展(ギャラリー銀座アルトン/銀座)

2012    Art shuffle〜ハートのエースをみつけよう〜(銀座三越ギャラリー/銀座)

2013   フィナーレ選抜奨励展(東郷青児美術館)

          山本冬彦と御子柴大三が選ぶ若手作家展(パレットギャラリー/麻布十番)

     山本冬彦が選ぶ若手作家小品展(Gallery ARK/横浜)

2014   山本冬彦コレクション展(ギャラリーやさしい予感/目黒)

2015   アートフェア東京(イセ文化基金・日本アート評価保存協会)

2016   アグライア展(Gallery ARK/横浜)

          ジ・アートフェア プリュスウルトラ(CRISPY EGG Gallery/表参道)

2017 アルテミス展(Gallery ARK/横浜)

   アグライア展(Gallery ARK/横浜)

個展

2009  鈴木愛弓展(KEY Gallery&青樺画廊/京橋)

2012   鈴木愛弓展(ギャラリー銀座アルトン/銀座)

2015   個展『反転トリップ』(CRISPY EGG Gallery/淵野辺)

 

​受賞

2011   損保ジャパン美術賞