DM_2022_lazy_画像.jpg

『I'm lazy, so you have a crow to pluck with me』

CHIHIRO HORITA

INTRODUCTION

この度CRISPY EGG Galleryでは堀田千尋『I’m lazy, so you have a crow to pluck with me』を開催します。​

堀田はゴミの飛散防止ネットや自動車のタイヤチューブなど、日常でよく目にしながらも見過ごしてしまうものを素材とし、縫い包まれた人体や動物を形作る作品を制作しています。

また、一眼見て用途が明白な素材で作られたその縫い包みたちは、壁や台に展示されるのではなく、作家の手によって室内外のいたるところに配置されます。その試みは素材の持つ意味だけでなく、その空間自体の意味も変容させ、私たちの作った社会や空間が覆い隠している皮膜のような日常を、強引に捲りあがらせようとしてきます。堀田の試みに観客は不安と揺らぎのようなものを感じることでしょう。

 

CRISPY EGG Galleryでは2度目の展示となります。

是非ともご高覧いただけたら幸いです。

 

堀田千尋1990年北海道出身 2015年多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻油画研究領域 修了

11月吉日

CRISPY EGG Gallery

石井弘和

INFORMATION

『I'm lazy, so you have a crow to pluck with me』

堀田千尋 // CHIHIRO HORITA

[日程]

2022年12月2日(金)〜18日(日)[月火水木は休み]

[場所]

CRISPY EGG Gallery(新店舗)

神奈川県相模原市中央区淵野辺本町1-36-1(グレーの建物)

(上記住所は新住所のため、カーナビやGoogleの住所検索では見つからない場合があります。その場合は相模原市中央区淵野辺本町1-33-4にて検索してください)

[時間]

13時〜18時

[アクセス]

JR横浜線 淵野辺駅北口から徒歩12分 (地図はこちら

駐車場1台分あり

※ 日程及び時間が急遽変更となる可能性があります。ご来場の際にはHP、またはSNSにてご確認ください。

ARTISTS

堀田千尋

CHIHIRO HORITA

【STATEMENT】

土嚢袋の話

 

その通りは駅前にしてはあまり活気のない雰囲気があって、

シャッターの閉まっている店もちらほら見かけた。

 

通りを進んだ先には

大きな店名と白い壁に包まれた結婚指輪の店が構えていて、

その店の前に置いてあった緑色の土嚢袋は、

なんだか居場所がなさそうだなと思った。

 

いくつもの袋が小さな山のように積み上がり、

何段か積み上げられたその皮の集合体は

ひとつの塊のようになっていた。

 

土砂をお腹に詰め込んで支えているそのからだは、

やがては破れてボロボロになって中身と一緒くたになる。

 

たまには怠けたい気分にもなるかもしれない。

 

2022年11月

​堀田千尋

【PAST WORKS】

What_happened(展示風景-2).jpg

「引っ張る」2022 標識ロープ、糸、フック、木材 サイズ可変

​撮影:牛嶋みさを

What_happened(展示風景).jpg

「引っ張る」2022 標識ロープ、糸、フック、木材 サイズ可変

​撮影:牛嶋みさを

覗くre.jpg

「覗く」2021  カラス避けゴミネット、糸、ロープ、針金  サイズ可変

タブノキ広場.jpg

「隠す」カラス避けゴミネット、糸、ロープ、針金  サイズ可変

覗く-2.jpg

「覗く」2021  カラス避けゴミネット、糸、ロープ、針金  サイズ可変

隔てる.jpg

「隔てる」2020 玄関マット、糸、綿、木材、ステンレス線、落ち葉よけネット サイズ可変

​撮影:宮下夏子

遮る.jpg

「遮る」2020 布、トラックシート、糸、綿、ゴム紐、木材  サイズ可変

撮影:宮下夏子

煙と畳と襖とその出来事_2.JPG

「煙と畳と襖とその出来事」2019 自転車のチューブ、木材、綿、糸、ロープ、透明糸入りシート、亀甲網、自転車の荷台、スポンジ サイズ可変

煙と畳と襖とその出来事.jpg

「煙と畳と襖とその出来事」2019 自転車のチューブ、木材、綿、糸、ロープ、透明糸入りシート、亀甲網、自転車の荷台、スポンジ サイズ可変

IMG_8465.jpg

「Contour lines of bug's things」2016 自転車のチューブ、掃除機の紙パック、自転車のパーツ、紙風船、ポリタンク、脚立、その他 220x 273mm

IMG_8408.jpg

「Contour lines of bug's things」2016 自転車のチューブ、掃除機の紙パック、自転車のパーツ、紙風船、ポリタンク、脚立、その他 220x 273mm

IMG_8440.jpg

「Contour lines of bug's things」2016 自転車のチューブ、掃除機の紙パック、自転車のパーツ、紙風船、ポリタンク、脚立、その他 220x 273mm

【作家略歴】

 

堀田千尋 

1990 北海道出身

2013 多摩美術大学 美術学部絵画学科油画専攻 卒業

2015 多摩美術大学 大学院美術研究科博士前期課程絵画専攻油画研究領域 修了

 

 

個展

2015 「Clean the house by using dogs」ギャラリーHasu no hana、東京

2016 「Contour lines of bug's things」CRISPY EGG Gallery、神奈川 

2022 「What happened in the vacant lot?」スペースくらげ、神奈川

 

グループ展

2015 「BankART Artist in Residence 2015」BankART、神奈川

2016 「the art fair plus-ultra 2016」スパイラルガーデン、東京

2018 「多摩美術大学助手展」多摩美術大学アートテーク、東京

2019 「39アートin 向島(ファイルクラブ/軒下プロジェクト)」 東京

             「多摩美術大学助手展 Poly-」多摩美術大学アートテーク、東京

2020 「雨足に沿って 舵をとる」アキバタマビ21、東京

2021 「MMIX+『東北東京展』」スペース・ゼロ、東京

   「3331 ART FAIR 2021」3331 Arts Chiyoda、東京

   「アートプロジェクト高崎2021」群馬